バイクバッテリー 種類

バイクのバッテリーにはどんな種類がある?

バイクのバッテリーには開放型と密閉型(MF)メンテナンスフリーがあります。以前は開放型が主でしたが最近では車種も増え、コンパクトなものやメンテナンスフリータイプが主流になりつつあります。先ず開放型の特徴として、走行中などにバッテリー内部で発生するガスが排気口から出て行きます。水が電気分解や蒸発でバッテリー液が減るのでコンスタントに補充する必要があります。6ボルトと12ボルトがあります。

MFメンテナンスフリーの特徴ですが、走行中にバッテリー内部で発生するガスを極板で吸収出来るのと、バッテリー液を綿状のセパレーターに染み込ませて余計な液を無くすことで密閉型に出来たものです。蒸発しないので液が減りません、これで液の補充をしなくて済みます。もし、過充電でガスがたくさん発生しても安全弁から外へ逃がしてくれるようになっています。メンテナンスフリーは6ボルトは無く、すべて12ボルトとなっています。基本的に繊細なので、フタを開けたりしてはいけません。又、充電に関しては注意が必要で、やり方を間違えると寿命も短くなりますので充分に気をつけてください。また電解液を入れてから使用するのを液別タイプ、はじめから電解液が入っていて充電済タイプがあります。液別タイプは自分で電解液を入れて使用します。

補足ですが、6ボルトの車種に12ボルトは付けれません、逆も不可能です。ほとんどのバッテリーには容量が書いてありますが、それとかけ離れた容量のものを使うと故障の原因となります。それと開放型のバイクには開放型、密閉型のバイクには密閉型が望ましいです。フレームなどサイズが合わないこともありますが(密閉型は開放型より小さいので載せることは出来ますが)寿命が短くなる恐れがあります(密閉型は過充電に弱い)ので、あまりお勧めは出来ません。

このエントリーをはてなブックマークに追加