再生バッテリー バイク

再生バッテリーでも使い方次第で充分長持ちします

新品バッテリーの寿命は車の場合でも2~3年くらいで、バイクでは1~2年くらいでしょう。今までは破棄になっていたのですが、再生の技術が向上してリサイクルバッテリーがたくさん出回るようになりました。実際に使ってどうなのでしょうか? 新品と比べて寿命とかはどうなのでしょうか気になるところですね。

リサイクルバッテリーはメーカーと政府が手を組んで地球環境保護の視点からも考えられた、とってもしっかりしたシステムの中で再生されています。新品と同じ厳しい通電試験に耐えるテストをクリアしていますので品質は高いと言えます。寿命が来た使用済みの古いバッテリーは硫酸鉛の結晶が電極にこびり付きます。これをサルフェーションと言いますが、これが原因で寿命が来た場合に硫酸鉛を除去できればバッテリーは再生出来るのです。しかし、中には再生バッテリーは安全なのか?、新品より劣らないか?と考える人もいると思いますが、新品と比べてなんら問題はありませんし、逆に新品よりも性能がよい場合もあるのです。価格の安さも魅力ですから、予備として持っていればいつでも交換も可能です。

肝心な点は「使い方」です。新品であろうと再生品であろうと、使わないで長期放電状態にしたり、規格に合わない過充電をしたり、充電を怠ったりすれば、いくらでも寿命を短くしてしまいます。バッテリーに負担になるようなことを避ければ、再生バッテリーも充分に働いてくれますので大切に扱うようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加