バイクバッテリー 寿命

バイクのバッテリー寿命は扱い方で長くも短くもなります

最近のバイクのバッテリーは昔に比べてずいぶん性能もよくなり、安心して一定期間は充分に使えるものが多くなりました。しかし使い方次第で寿命は長くも短くもなりますので、せっかくですから長持ちさせる方法を考えてみましょう。

バイクの車体自体よりもバッテリーは保証期間が短いのが普通で、例えばバイクを新車で購入してもバッテリーのほうが早く寿命が来ます。新車を買ったのにバッテリーが壊れたといってもバイク本体とバッテリーは全く別扱いですね。タイヤも同じですね。タイヤを長持ちさせるのは難しいかもしれませんが、バッテリーはちょっとしたメンテナンスで寿命を延ばせますのでやってみてください。

先ず「バッテリーはほっといても勝手に放電する」ということを知ってください。バイクに乗らないで6ヵ月もすれば完全に放電して動かなくなってしまいます。注意ポイントとして「長期間乗らない」のはよくありません。そして特に冬の間乗らない場合は月に一回充電をしましょう。あと「電解液の量」をマメにチェックしましょう。減っていれば蒸留水を補充してください、電解液は特に夏場はよくチェックしてください。電解液が減っていると供給できる電力が減り、その状態でセルを回し続けるとバッテリーとしては致命傷なダメージを受けてしまいます。こうなってしまうとバッテリーは壊れてしまいどうにもならない場合が殆どです。

無茶な扱いをせずに大切に扱えばそれなりに働いてくれますから、その辺りを気をつければ大丈夫です。

このエントリーをはてなブックマークに追加