バイクバッテリー 廃棄

バイクのバッテリーを廃棄する時の注意

バッテリーは昔と違い、今ではリサイクルが可能です。100パーセントリサイクルになっているとの事です。寿命が来て破棄する場合はいくつかのルールがありますので必ず守るようにしましょう。

バッテリーは原料に鉛を使っており普通のゴミではありません。回収してくれるところを知っておくことが大切です。例えば、ディラー、バイクショップ等の用品店、ガソリンスタンド、バイク店や自動車などの整備工場、自動車電装工場へ持っていけばいいです。そこで購入した、してないは無関係です。販売店などで売られたバッテリーはリサイクルとしての義務があるので必ず回収してくれます。リサイクルシステムは国とメーカーがしっかりと定めたルールなので無料で回収してくれるはずです。もし有料ならただの手数料を無駄に取られるようなものですので、しっかりたずねてみるといいと思います。 

普通のゴミとして破棄してはいけないルールとは、電解液は希硫酸です。希硫酸が普通ゴミで捨ててあると考えればわかると思います。服についたら穴があきます。ゴミを回収する人が浴びることになってもいけません。あと、鉛は毒であり資源でもありますので、正しいところに戻すのが筋です。以前はよく不法投棄の中にバッテリーが多くありました。回収やリサイクルのシステムが出来上がっていなかったので、回収に費用がかかるのが一番の原因だったと考えられます。現在はシステムがしっかりしてますので安心してリサイクルに出しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加