バイクバッテリー 激安

バイクのバッテリー激安商品のメリットとデメリット

激安バッテリーは、元々「激安」の商品なのか、メーカーの都合でそれなりの商品が「激安」となっているのかを知ることが大切です。あまり名も知れないメーカの激安バッテリーは「粗悪品」も多いです。こんな商品を売るのはバッテリーのことを知らない人に「安いからいいだろう」といって売りつけて儲けようとする販売店の仕業と考えてしまいそうですが、粗悪品でない激安バッテリーも存在するのも事実です。正規のバッテリーは高すぎだという声があるのも事実ですから、よくよく探すことが大切だと思います。

粗悪品のデメリット例ですが、品質が悪いので充電が不可能になることがある。容器が熱で膨張してくる(これはとても危険です)また膨らんだままでフレームから取り外せないといったこともあります。続いて液漏れです、そして寿命が通常の約半分。いいとこは無しですが、メリットを上げるとしたらおよそ三分の一の価格で購入出来るといったところでしょうか。要は当たり外れが多いと考えればよいかと思います。5個のうちまともなのは3個だとか、そういう見解でよいと思います。しかし、安いのを沢山購入して、マメに取り替えるといった使い方をする人にはいいかもしれません。

他にリサイクルされてるバッテリーは激安商品も多いようです。バッテリーは100パーセントリサイクル出来るので、そこから探すのもいいおもいます。ただしバイクの場合は大きさや形が車種によってまちまちなので、よく調べて探してから購入するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加